ドラゴンボール超ネタバレ最新51話「ベジータの決意が明らかに」

ドラゴンボール超 最新 51話
スポンサーリンク
Pocket

今回は、2019年8月21日発売予定の月刊Vジャンプ掲載漫画『ドラゴンボール超』最新51話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介します。

前回50話では、モロの願いが判明しました!

不死身の身体を欲しがったのでは?とか考察しましたが、銀河刑務所の囚人たちの解放が望みだったようです。

これによって多くの仲間を手に入れたらしいモロは、エネルギーを吸収し続けて悟空達を超サイヤ人ブルーですらいられなくしてしまいました…。

囚人たちはモロにエネルギーを分けてもらい、通常よりパワーアップしているようですが悟空達に勝ち目があるのでしょうか…!

それでは、2019年8月21日発売予定の月刊Vジャンプ掲載漫画『ドラゴンボール超』最新51話のネタバレ・あらすじ・考察をお届けしていきますので、お見逃しなく!

関連記事:『ドラゴンボール超』最新刊9巻発売日&表紙画像もご紹介

▼ドラゴンボール好き必見▼

スポンサーリンク

漫画『ドラゴンボール超』前回の内容はモロの願いが判明!勝てない?!

銀河パトロールの直轄でもある銀河刑務所。

そこでは、勤務中の隊員たちがモロの脱走によってボロボロになってしまった場所を修理しています。

マカレ二兄弟も連行され、檻の中に収監されましたが、ナメック星から謎の光が放たれ、刑務所に直撃しました。

すると、その謎の光によって囚人たちを閉じ込めていた檻のシールドが解除され、看守たちは再びシールドを張ろうとしますができません。

囚人の一人、サガンボは「やりましたね、モロ様」と呟き他の囚人たちと暴れ出し、隊員たちに「宇宙船を返せ」と要求しました。

この騒ぎはメルスやジャコにも報告され、モロが言っていた”最後の願い”が囚人たちを解放することだったと気付きます。

一方、悟空とベジータ・大界王神と対峙していたモロは、最後の願いについて触れ、同時に宇宙船が登場します。

宇宙船からは強力なレーザーが放たれますが、悟空達は回避しました。

モロは、ザガンボや他の囚人たちに力を分け強化させ、悟空達を襲わせます。

悟空達は超サイヤ人ブルーになり、大界王神も戦闘態勢へと移っています。

悟空達は、囚人たちを蹴散らしているのですがモロがエネルギーをまた吸収し始め、悟空達は超ブルーサイヤ人にもなれず、超サイヤ人を維持するのに精いっぱいとなり、劣勢の状況に陥ります。

大界王神もまた、ずっと戦っていましたが体力が限界を迎えそうです。

しかし、そんな状況でもモロに目的を聞き出そうとし戦い続ける悟空達。

モロは「俺が自由に星が喰える理想の銀河を作りたいだけだ、仲間を集めたのもその手段の一つ」と話し、続けて「平和が大嫌いだからその平和を守るヤツを一人残らず消す」と言います。

そうしているうちに、悟空達は超サイヤ人すら維持できなくなってしまい、さらに状況は劣勢になってしまいました。

そこに、メルスとジャコが登場しレーザー銃で囚人たちを倒していきます。

同行していたエスカは、大界王神の傷を癒していますが、ザガンボは宇宙船に銃を向け、気付いたメルスが銃を落とさせます。

一旦退こうと、メルスは大界王神に銀河パトロールの本部に向かうように言い、大界王神はエスカと一緒に本部へと向かいました。

悟空は瞬間移動をしようとして、ジャコが悟空の服を、メルスはジャコの手を取ろうとします。

…が、ベジータは「…なにが魔力だ、何が神力だ…」と呟き瞬間移動しようとしませn。

悟空はその言葉の意味が分からない様子ですが、ベジータは『サイヤ人は肉体による強さが誇りなのに、特殊能力を持つ敵の前は無意味』という事に苛立っているようです。

そこで、ベジータは悟空たちと別行動を取ることにし、イリコが操縦する宇宙船へと向かいました。

メルスの銃がエネルギー切れとなり、悟空はメルスたちと共に瞬間移動します。

ベジータはイリコに開けるように指示し、悟空たちは銀河王のところへ瞬間移動しました。

イリコが操縦している宇宙船に乗ったベジータは、イリコの操縦で囚人たちの襲撃を振り切っていき、ナメック星から脱出できると「ヤードラット星に行け」とイリコに言いました。

 

漫画『ドラゴンボール超』最新51話でモロの3つ目の願いの結果が…

モロの3つ目の願いは『永遠の命』とかかな?と思っていましたが、予想を裏切れられる展開でしたね!

ちょっとホッとしましたが、理由があまりにも理不尽でやっぱり納得がいかないですね。

前回までにわかっているモロの能力をまとめると、

  • 自分が吸収したエネルギーを他者に分け合う事ができる
  • エネルギーの吸収は無差別ではなく、モロ自身の意志で対象者を絞る事ができる

といった感じで、仲間をたくさん増やしたモロにとっては好都合な能力ですね。

モロの3つ目の願いの理由は、平和が大嫌い…という事でしたが、悟空よりベジータがかなり反応している様子はちょっと意外でした。

ベジータは悟空たちと別行動をとってヤードラット星に向かいましたが、ヤードラット星人は特別な術がつかえるので、ベジータはそこで瞬間移動とは違う特別なの力を手に入れるのかもしれないですね。

 

銀河刑務所の不思議

銀河刑務所は、銀河パトロールや宇宙船と同じように一千万年前からあるそうですが、ハイテクを駆使していて牢屋もすべてシールドを張る事で隔離しています。

魔人ブウ誕生は500万年前という事でかなり昔…という印象でしたが、一千万年前からこんなハイテク科学があったことを思うと大昔という風にも思えませんね。

モロの最後の願いは銀河刑務所の囚人たちを解放することでしたが、何かを復活させるでも自分を不死身にするでもないのは意外でした。

ただ、どう仲間を作るのか…とは思っていたのですが、ここで今回の章が”銀河パトロール囚人編”とされている事にも納得ですね。

モロが相手なだけだったら『モロ編』となるんでしょうし、囚人全員が相手という事でこのタイトルになっているんですね。

悟空達も脱獄した囚人を相手にしていますが、モロの能力がなければ相手にもならない存在でしょうが、そもそも全員がモロに付いて行くのかは謎です。

実はモロよりも凶悪で強いキャラも潜んでいた可能性もありますよね。

悟空たちは第7宇宙最強クラスですし、これから敵キャラ候補がここから続々と登場する展開になるかもしれません。

▼ドラゴンボールを楽しむ▼

漫画『ドラゴンボール超』最新51話でベジータの決意が明らかに!

モロがエネルギーを吸収しているせいで、悟空とベジータは超サイヤ人ブルーから超サイヤ人ゴッドへ変身が解かれてしまいました。

ついには超サイヤ人ゴッドから、サイヤ人スーパーサイヤ人3になっていましたね。

エネルギーを消費するとランクが下がるのはわかりますが、超サイヤ人ゴッドと超サイヤ人3は別の形態だと思っていたから不思議な感じがしました。

 

ベジータがプライドを捨てる

ベジータがここまで瞬間移動を覚えなかった理由が、サイヤ人としてのプライドが大きかったようで、これには納得しました。

しかし、ベジータはヤードラット星に行く事を思いついたようですが、ヤードラット星と言えば悟空に瞬間移動を教えてくれた民族!

不思議な術や技を持っている民族で、フリーザも狙っていた民族ですね。

ただ、ベジータは瞬間移動をただ単に覚えに行くというわけではないように思います。

プライドが許さないのもあるでしょうが、そもそもセルが自爆前に悟空と一緒に瞬間移動しただけで覚えていましたし、ベジータも使おうと思えばすぐに習得できそうです。

ベジータはモロの魔力に対抗するために、さらに不思議な技や術を覚えに向かったのかな?と思います。

または、ヤードラット星の民族たちに力を借りる為に向かったのかも?

原作ではヤードラット星人の姿はでてきていませんが、アニメ『ドラゴンボール超Z』では登場していました。

言葉は話していなかったように思いますが、今回の漫画版でも同じような外見で描かれるだろうと思います。

 

漫画『ドラゴンボール超』最新51話に対するSNSの感想・評判は?

 

漫画『ドラゴンボール超』最新51話まとめ

ここまで、2019年8月21日発売予定の月刊Vジャンプ掲載漫画『ドラゴンボール超』最新51話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介しましたが、いかがでしたか?

前回50話では、ベジータのサイヤ人に対するプライドが明確になりました。

頑なに瞬間移動を覚えようとしなかったのは、サイヤ人としてのプライドがあったからこそのようですね。

そんなベジータが、悟空がかつて瞬間移動を教えてもらったヤードラット星に向かう事を決めたようですが、ベジータの決意とはなんなのか気になります!

個人的にはヤードラット星人がどんな風に描かれるのかも楽しみですが、ここからどうやって囚人たちを蹴散らしていくのかワクワクしますね!

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、ドラゴンボールの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼ドラゴンボールを視聴する▼