ドラゴンボール最終回ネタバレ&その後の展開も解説

ドラゴンボール その後 最終回
スポンサーリンク
Pocket

今回は、『ドラゴンボール』の最終回のネタバレとその後の展開について見ていきますよ!

これまでZやGTといったシリーズが放送されてきましたが、イマイチ最終回について覚えているという方は少ないのではないでしょうか。

結構、曖昧な終わり方や、ファンの考え方に任せるといった感じの最終回が多いですから、今回は最終回のその後まで追跡していきたいと思います。

なので、『ドラゴンボール』の最終回を覚えていない方は、その後についても見ていきますよ(^^♪

▼ドラゴンボール好き必見▼

スポンサーリンク

ドラゴンボールの最終回はどんな終わり方をした?【ネタバレあり】

ドラゴンボールの最終回はかなり驚きでしたよね!

いきなり10年後まで飛んだのは今でも覚えています(笑)

 

ドラゴンボールの最終回は魔人ブウ戦?

ドラゴンボールの中でフリーザやセルよりも桁違いに強い存在として描かれた「魔人ブウ」。

善と悪に別れるという独特の展開も交えながら、ブウはピッコロやゴテンクス、悟飯をも取り込んでどんどんとパワーアップしていきます。

実は当時ファンの間では、この魔人ブウ編が終わったらドラゴンボールが最終回になると噂されていましたよね。

ところが全くそうは感じさせないパワフルな展開に「最終回の話は嘘ではないか?」との見方が強まっていったほどでしたね。

それほどに、魔人ブウ編の展開はアツかったと思まいます!

恐らく、その後に放送されたZや超を凌ぐ激闘ぶりでしたね(^^♪

その集大成とも言えるのが「元気玉」のシーンでしょう。

過去に登場したキャラクター総出で悟空に力を与えるもので、もう忘れ去られたと思っていた人造人間8号(ハッチャン)の出演に、当時のドラゴンボールファンがどれだけ感動したことか(笑)

こうした粋な演出もある中で、とうとう倒された魔人ブウ。

善のブウはしっかり生き残りハッピーエンドの中、やはり当初の噂通りドラゴンボールは最終回を迎えます。

 

最終回は10年後に?

ドラゴンボールの最終回は魔人ブウとの決戦直後に訪れたわけではないのです!

ご存知の方も多いと思うが、最後にちょっとしたエピローグ的な話が加えられており、その後が描かれています。

これは魔人ブウとの最終決戦から10年後を描いた話では、純粋ブウの生まれ変わりである「ウーブ」が登場するなど、ドラゴンボールの続投をほのめかす描写は確かにあり、ドラゴンボールファンは続編を期待しましたよね!

 

作者は続編を作る予定はなかった?

鳥山明はドラゴンボールの作中で「これが本当の最終回」という旨を読者に告げていました。

ドラゴンボールのアニメはその後「GT」や「超」なども作られるが、原作はこの最終回を最後にスッパリと完了しているとのことです。

これにて1984年から10年以上続いたドラゴンボールは終わり、ファンは寂しさを感じつつもスッキリした最終回を温かく受け入れたのでした。

 

よく考えると違和感が残る最終回?

とはいえ今になって読み返すと、この「終わり方」にどこか疑問を覚えませんか?

「なぜ最終回を10年後にする必要があったのか?」

「純粋ブウを倒して終わりで良かったのでは?」

 

10年の空白を埋めるドラゴンボール超?

「ドラゴンボール超」の最終回が感動的でしたよね…

アニメ「ドラゴンボール超」は、原作の魔人ブウ編が終了してからさほど時間が経過していない所からスタートし、丁度空白の10年間を描いています。

スケールがとても大きくなり、破壊神の存在や宇宙が全部で12個あること、「全王」という絶対権力者がいることが明らかになりましたよね。

 

ドラゴンボール超の最終回はどうなるの?

「宇宙サバイバル編」と名付けられた最終章では、ラスボス「ジレン」が登場し、身勝手の極意を開花させた悟空でも、ジレンに勝つのは少し厳しそうです。

そんな中、悟空と一緒に戦おうと名乗りをあげたキャラクターがおり、視聴者は驚きと興奮に包まれました。

その人物とは、かつての敵「フリーザ」だったからです。

悟空とフリーザの共闘という、予想外の展開でラスボス「ジレン」に立ち向かい見事に勝利を納めます。

地球には日常が戻り、悟空とベジータは相も変わらず修行しており、フリーザは「悪の帝王」の復活を宣言し、こうして、何も変わらない日常を取り戻して物語は終わりを告げました。

▼ドラゴンボールを楽しむ▼


ドラゴンボールの最終回のその後の展開は?

ドラゴンボールの最終回はいきなり10年後にジャンプするわけですが、10年後の変化についてさらに詳しく見ていきます!

魔人ブウ戦のその後の10年というのは、変化を作るのに十分な期間だといえるでしょうね。

 

悟飯は結婚していた!

悟空は魔人ブウの生まれかわりウーブが今回の天下一武道会に参加することを知り、武道会への参加を決意し、魔人ブウの消滅から10年が経ち念願の学者になった悟飯はビーデルと結婚し娘のパンが生まれていた。

ブウにクジでインチキして魔人ブウの生まれかわりと1回戦で闘えるように頼んだ悟空は少年ウーブと闘うように組んでもらうことになりますよね。

そして、第2試合で悟空VSウーブの闘いが始まる。

散々悪口をいい、ウーブの能力を確かめる悟空。

しかし、潜在的なモノは秘めてても、修行をつけてくれる人がいないと知った悟空はウーブをそのまま背中に乗せ何処か行ってしまう。

「おめぇにいいものをやろう!筋斗雲ー!」

悟空は筋斗雲にウーブを乗せその姿を自分と重ねていたんですね。

悟空はウーブを鍛えるため、自分の楽しみのためにウーブの家がある南の島へと旅立っていったのです・・・

 

その後の10年でドラゴンボール超の内容は無理がある?

ブウ編終了から最終回までの10年間となっていますが後半5年は悟空不在なので実質ブウ編から5年後までの物語ですよね。

そして復活のFでパンが生まれていますから復活のFはブウ編から5年後、この時パンがいるのは生まれ月の関係で筋は通るものの第六宇宙編からは矛盾が発生すると思うんですがどうなんでしょうか。

 

5年間で描くには矛盾が?

その後の5年間は悟空は修行ばっかりしていたらしいですね、おそらく強敵に関しては出現していないはずですよね!

悟空はブルマだけ5年くらい会ってないと考えれば何とか話は繋がりそうですが、原作最終回前のあの会話内容からしてやっぱり無理ですよね?

というか超のスタッフはブラの存在を忘れてるのかと疑ってますね(; ・`д・´)

超は好きなんですけどやっぱり原作の続きとか言われると何か認められないんですから、どちらかと言うと超はパラレルワールドって言って欲しいですね!

ブウ編の続きは劇場版神と神から復活のFまでがちょうど良かった気がします。

 

ドラゴンボールGTの最終回その後は謎?

ドラゴンボールGTの最終回は意味深だ、謎だとよく言われています。

一星龍を倒した後、最終回で悟空は神龍の背中に乗ってどこかに行ってしまいます。

更にドラゴンボールGTの最終回では誰にも呼び出されていないのに神龍が現れ、願いを聞けるのはこれで最後などと言いました。

この展開の真意も神龍が勝手に現れた理由も意味が分からない、謎だとファンの間では言われています。

この展開に見ている人はついていけませんでしたよね(笑)

更に神龍が願いを叶えた後に何故か悟空に「行くぞ」と声をかけたのです。

この展開も謎、意味がわからないとテレビを前にクエスチョンマークを出す人が大勢いました。

神龍の言葉の意味がわからずにいた視聴者ですが、悟空はあっさりと「もうそんな時間か」と答えたのです。

このやりとりの意味は二人にしかわからず、視聴者の間では謎が深まり、置いてけぼりをくらった視聴者もいた事でしょう。

 

ドラゴンボールの最終回に隠された都市伝説とは?

ドラゴンボールの最終回では都市伝説が隠されているという噂もありますが、本当なんでしょうか?

 

ドラゴンボールGTの最終回では悟空は死んでいたという都市伝説?

先ほども紹介したように、ドラゴンボールGTの最終回は謎が多く、その後についてよくわからないことが多かったですよね。

GTの最終回はファンの間でも謎に包まれた部分が多いと話題だけに色々な意味を考えさせられる回になっているのです。

GTの最終回でみんなの前から忽然と姿を消した悟空がどこへ向かったのかがネットで話題になっており、あくまで憶測として語るなら、悟空は最後にクリリンの所へ向かっている。

そして、クリリンの元に着くと「あの頃が懐かしいな」と回想するシーンや、ピッコロと二人で話をする場面もあるのです。

もしかすると、悟空はその時点で死んだ人間と同等。

つまりは、彼はこの時すでに人間以外の何かに変化していたと見られますよね。

 

トランクスも悟空がいないことを語っている?

実はスタッフ談によると「あの時点で悟空は死んでいた。その意味を知って欲しいからあのシーンを入れたのです」と語られていたようです。

これはドラゴンボールDVD-BOXの特典でスタッフが語っています。

この時点で悟空は死んでおり、その意味を視聴者に知ってもらう為に入れたシーンと語っているので、やはり、悟空は死んでいたのですね。

これを含めるとその可能性が非常に高いと推測されますね。

また、トランクスが最後に「悟空さんはいないけど、これからドラゴンボール無しでどうやって生きていくかにかかっている」とも語っているので、やはり悟空が死んでしまったことが濃厚ではないでしょうか。

さらに悟空が神龍にお願いした時「地球を完全な状態に戻して欲しい」ではなく、「死んだ人を蘇らせて欲しい」と頼んだ意味としては、そこにはスタッフ側の「ドラゴンボール無しで再建していく力が必要」という想いが密かに表現されていたのではないでしょうか。

 

ドラゴンボールの「Z」や「GT」に意味があった?

冒頭でも紹介してきたように、原作者はドラゴンボールの続編を作る気はなかったのです。

しかし、あまりの人気でドラゴンボールの「Z」、「GT」と続編が続きました。

それには隠された意味があることをご存知でしょうか。

ドラゴンボールZとドラゴンボールGTのアニメに使用されている「Z」と「GT」には意味があり、「Z」に関しては、作者の鳥山先生が「これが最後。これ以上はやりませんから」という意を込めてドラゴンボールZになったという説があるらしいですね。

 

都市伝説では「GT」は「ごめんなさい鳥山先生」?

そして‘GT’は、集英社が続編を作ってしまったことで鳥山先生に向けて「ごめんなさい。鳥山先生」という意味があるそうです。

GTに関しては原作者の鳥山先生が関わっていないので、このような都市伝説が生まれたのかもしれませんね!

このように、それぞれ‘Z’と‘GT’という都市伝説がありますが、Zのあともドラゴンボール超が放送されているので、都市伝説が本当なのかは闇の中です・・・

現にジャンプでの最終回に続き、続編も大ヒットしていますから、要はそれだけの人気を誇っているのです!

 

まとめ

今回は、漫画『ドラゴンボール』の最終回のネタバレとその後の展開について紹介してきました!

ドラゴンボールはシリーズによって終わり方がまちまちだったり、GTは一千を博す作風だったりして、最終回もそれぞれの味がでています。

なので、矛盾が生まれることもあったり、その後がよくわからないことも多くありますね(笑)

もともと、ドラゴンボールの世界観もブレブレなところもあるので、そんなに厳密に考えるものではないのかもしれませんね!

 

最後まで、読んでくれた方に、特別にとっておきのお得情報をお届けしていきます。

それは、ドラゴンボールの全話無料視聴方法になります!

ヒロシ
映画が毎年続々と出て、アニメが見返したい!

アニメ全話も今までの映画も見返したい!

という方には特にオススメです!

この方法は、いつまでできるか分からないため、お早めにご利用下さい!

▼ドラゴンボールを視聴する▼